注目の資格!保育士になるための情報について

保育士の資格を取るための方法

都市部を中心に待機児童の問題が取り上げられ、保育所で働く保育士にも注目が集まっています。保育士になるためには子どもが好きであることは必要ですが、それとともに国家資格である保育士の資格も必要となります。保育士の資格を取得するためには大きく2つの方法があります。1つは保育士試験に合格することであります。そしてもう1つは、大学や短大、専門学校などの保育士の養成課程を修了することです。ちなみに保育士試験は、保育士養成課程を卒業していなくても受験すること可能です。

保育士養成課程についての豆知識

保育士養成課程には、大学や短大などで学ぶ方法があります。一般に大学では4年制、短大では2年制のカリキュラムがあります。ここで保育士になるための様々な授業が行われます。特に短大の場合は2年間で実習も行いながら、同時に知識も身につけなければならないので、かなりタイトな短大生活を送らなければなりません。どちらの学校を出ても保育士の資格を取得することは可能ですが、お給料は大卒の方が若干高くなる傾向があります。

気になる保育士試験の情報について

短大や大学で保育士養成課程を卒業すれば保育士の資格を得ることは出来ますが、人によってはこのような学校に通えない人もいるでしょう。保育士試験はそのような人たちが受ける試験でもあります。保育士試験は年に1回、各都道府県で試験が行われますが、試験日程や内容は統一されています。試験は筆記試験と実技試験があり、筆記試験に合格した人だけが実技試験に進むことが出来ます。筆記試験はマークシートで、合格ラインは60%程度です。また実技試験は3科目から2科目を選び、合格ラインは60%程度です

保育園の求人に応募するには応募資格のある方だけになります。それは、保育士の資格を持っている方だけに限られます。