「ニーズが高まる人気のお仕事・保育士とは」

「保育士ってどんな人・幼稚園との違いは?」

「保育士」かつては「保母さん」と呼ばれていた仕事ですね。保育園おいて小学校に入るまでの、乳児から幼児までを保育する方を表しますが、間違えやすい仕事に幼稚園があります。内容は根本的に違い、保育園は基本的な生活習慣取得や健全な心身発達を年齢にあわせた指導を行うことが目的です。幼稚園は、各園の方向性によって違いがみられ、個性豊かな自主性を重視する又は入学前の学力を重視するなどいろいろな方向性がとられています。

「保育士はどーやってなるの?」

保育士になるにはどのような方法があるのでしょうか。現在は、ふたつの方法があり国家試験を受ける方法と養成学校を卒業する方法があります。国家試験(保育士資格試験)は、受験資格をクリアしていれば年齢・性別関係無く受けることができます。もうひとつの方法、養成学校(短大・専門学校)と保育系の四年制大学を卒業することで、保育士資格を得ることができます。時間は最短でも2年はかかりますが、確実に資格が取得できるのは魅力ですね。

「仕事内容は、生きがいってなに」

保育士の仕事内容は、小学校就学まえの0歳から6歳(乳児~幼児)までを対象に、日常的な生活習慣を身につけることや、健康的な心身の発達を目的として保育指導にあたる事です。「保育士をやっていて生きがいってなに?」という質問にはこういう返事が寄せられています。「普段の生活で忘れていた、何気ないことに感動する素直さに気がつかされた」ことや「子供たちの笑顔を見たとき、やってて良かったぁ」など子供たちの自然な動きや感情にやりがいを感じるといえます。

保育士の求人なら神奈川がダントツに多いです。また、都市圏に近いため賃金も高いです。募集が集中するため、事前に下見することが重要です。