マンスリーマンションで気楽で便利な単身赴任生活

マンスリーマンションは普通のマンションと何が違う?

単身赴任者や出張者に、マンスリーマンションが人気です。マンスリーマンションは、普通のマンションとは違い、家具やある程度のキッチン用品付きで住むことのできるホテルのような住まいです。ホテルで連泊した場合、断らなければ毎日清掃員によって掃除してもらえます。マンスリーマンションの場合は、一般的に週に一度、清掃が入ります。それをプライバシーが守られないと感じるか、それとも掃除してくれるなんて便利だと感じるかは、人それぞれでしょう。けれど、金額的には、ホテルで1か月連泊するより、格段に安い費用で済むのがメリットです。

マンスリーマンションに住む場合の費用

マンスリーマンションにかかる費用は、当然、グレードと地域によります。都内なら高いですし、地方都市なら安いですね。例えば、東京で調べてみると(もちろん物件によりますが)、ひと月、18万円のところがありました。たいてい1日あたりの宿泊費と光熱費が提示されているので、それに1か月の日数である30を掛けると、ひと月の費用が概算でわかるという仕組みです。その合計金額を、入居前に支払うことになります。前払いですね。ちなみに、マンスリーマンションの場合、敷金も礼金もいらず、さらに保証人も必要としません。これがマンスリーマンションの魅力でもあります。

マンスリーマンションを利用する人たち

マンスリーマンションの利用者は、多くが単身赴任や、1か月以上の出張者です。ホテルで連泊するのは費用がかかりますし、かといってアパートを借りて住むには短期間、そうした人が利用します。この場合、会社が法人名義で借りるというケースになります。それ以外では、人によって理由はさまざまでしょうね。とにかくマンスリーマンションは全国にありますので、数か月間その地域で生活するという場合は、非常に便利だと思いますよ。

マンスリーマンションとは、家具つきの部屋を月単位で敷金・礼金・保証人なしで借りることのできる賃貸マンションのことです。